倉敷市玉島長尾のピアノ教室です。マンツーマンのオーダーメイドピアノレッスン♪

ピアノサロン“ドルツェッツァ“
Mail:dolcezza@rose.plala.or.jp

ご挨拶

ご挨拶

会員様自身が将来的に、音楽を独立して自分で作り出し、楽しんで演奏が出来るようにする事が教室の目標であります。幼い頃からの『音感』習得。基礎を身に付けピアノを心から楽しみ、長く続けていただけるよう指導を心がけております。これまでに沢山の会員様と一緒にレッスンを行ってまいりました。レッスンでは様々なドラマがあります。満足いく演奏が出来て一緒に喜んだり、なかなか思うように弾けず落ち込んでしまったり、悔しくて涙を見せたり・・・その都度、会員様と向き合い、一緒に壁を乗り越えてきました。講師として学んだ大切な事。それは『信頼とコミュニケーション』です。会員様はもちろんの事、保護者様とのコミュニケーションもとても大切だと考えております。
これからも会員様や保護者様が笑顔になる瞬間を増やしていきます。会員様が成長していく姿を保護者様と一緒に見守っていく事が私にとってこの上ない喜びでございます。

講師プロフィール

 【もとむら いずみ】

くらしき作陽大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒業。在学中、第9回ジョイフルサウンズピアノコンクール中国・四国地区大会で最優秀賞を受賞し、地区代表として全国大会に出演。くらしき作陽大学卒業演奏会に出演。第48回西日本出身新人紹介演奏会、バルトークフェスティヴァル、ピアノによる四夜連続演奏会『西洋音楽の原点(第1夜)』など数多くの演奏会に出演。ピアノを、藪博之・鳥越亘・山崎孝・志賀保隆・長山いづみの各氏に師事。大手楽器店にてピアノインストラクター、ピアノ科講師を経て、現在、Piano Salon Dolcezzaを主宰。幼少時代より数多くのコンクールや演奏会で学んだ事を活かし、これまで音楽大学合格者、ピアノコンクール受賞者、保育士試験合格者多数輩出している。クラッシックのみならず、ポピュラーやJazzの演奏も行い、ピアノDuoにも力を注いでいる。山崎孝門下生で結成された、ArsNovaのメンバーとしても精力的に演奏活動を行っている。 近年は、乳幼児や保護者が一緒に楽しめるファミリーコンサートを企画し好評を博す。


いずみ先生のあゆみ

少しだけ、私の音楽のあゆみをご紹介致します♡

♪音楽を始めたきっかけ

私の母もピアノ講師でしたが、生徒さんが奏でるピアノの音色に魅了され『ピアノを弾いてみたい!』と思い両親に頼み込んで始めたのがきっかけです。
幼少期は両親の集めたレコードを引っ張り出しては様々なジャンルの音楽を聴いていましたが、その中でもピアノの音色は、幼いながらワクワクした気持ちになった事を今でも記憶してます。

♪ピアノよりも電子オルガン時代

幼少期はピアノだけではなく電子オルガンにも夢中になり、音を奏でる事が楽しくて沢山の舞台を経験しました。
音楽ばかりではなくスポーツも楽しみ、水泳や陸上は大会に出させて頂いた経験もあります。また、百人一首も得意で秘かなマイブームのひとつです。様々な事にチャレンジした幼少時代でした。

♪音楽に打ち込んだ学生時代

中学校では吹奏楽部に所属しクラリネットを担当。一つの音楽を大勢で創り上げる楽しさを学びました。高校では音楽科のある高校にピアノ専攻で進学し、ここで初めて音楽の厳しさを経験する事になります。しかし、恩師を始め、ピアノや他楽器の仲間にも恵まれ音楽にどっぷりと浸かる日々を過ごしました。
大学時代も同様、勉強と貴重な経験を重ね「演奏する喜び」と、恩師の素晴らしさに魅了され「指導する憧れ」を感じていく事になります。今の基盤を作った時代です。

♪インストラクター時代
  
大学を卒業し、約10年間大手楽器店にて講師及び教室運営や楽器販売のノウハウを学びました。
クラシックばかり勉強してきた私にとって全てが刺激そのもの。野外でのデモンストレーションやイベント企画等、厳しい毎日でしたが、それ以上に様々な事を学べる事が楽しくて楽しくて仕方がなかったインストラクター時代です。

♪そして現在・・・

まだまだ勉強中の身ではございますが、応援して下さる皆様のおかげで、私が抱いていた夢が少しづつ現実のものへと変わりつつあります。全てにおいて私一人の力ではなし得る事が出来なかった事です。
これまで歩んできた道やめぐり逢えた方々は私の財産です。
そしてこれからも、自分自身の理念と信念をしっかり持ち、新たな道を歩み邁進してまいります♡

いずみ先生からのメッセージ

私はこれまで音楽を通じて沢山の素晴らしい方々と出会い、多くの事を学ぶ機会に恵まれました。
ピアノって楽しい!心から演奏出来る喜びを日々感じております。
私にとってピアノや音楽とは、“自分らしさ”を表現してくれる大切なパートナーです。ピアノを継続してきた事で、大きな自信に繋がり、ピアノによって救われる事もたくさんありました。もちろん現在も・・・

音楽を通じ人と繋がる事で、自分自身が成長していく事が楽しみの一つです。